September 10, 2014

用途不明? Apple Watch発表 来年始めに発売

用途不明? Apple Watch発表 来年始めに発売

2014年9月9日(米国時間)iWatchとして予想されていたアップルの腕時計型端末が発表された。

過去腕時計型端末の幾つかを使って来たのだが、正直に言えば、最近発表される腕時計型端末が全く面白くない。
どう考えてもメガネ型に比べるとメリットが良くわからないのです。

そもそも、親機であるスマホの子機として、腕時計に装着して利用するというコンセプトのマシンが本当に役に立つのか?
例えば日本の高性能高校生のように、メール着信後数十秒後には返信するような強者は例外としても、変に子機的なマシンを使わずとも、スマホをすく使える状態にすれば良いのでは?という気がする。

まぁ今回発表されたApple Watch詳細にまだわからん部分が多いのでなんとも言えない部分があるが、プッシュ&回転操作対応のリューズと圧力感知できるタッチパネル搭載ということで、UIまで腕時計型端末に最適化したOSとアプリで新しい腕時計の形をアップルらしく提案してくれると良いのだが。
先行した?サムスンのGALAZY Gearはなんというか、androidの子機として使うandroidという、同じ猫でありながら、キティちゃんの飼い猫になってしまったチャーミーキティちゃんみたいなわけのわからんポジションだったと思いますが、スマホと腕時計端末で同じような機能をつけても意味が無いので、十分に腕に装着した意味を見せて欲しいです。

スマホの子機的な端末が世の中に普及するシナリオをいくつか考えると
(1)現在の腕時計ってのは、手首という場所をぶんどっている割には、ただ単に時間を表示するしか出来ない低機能端末であり、当然ながら、同じ場所により便利な機能をもった端末が割り込む可能性というのは一つあるでしょう。

(2)iPhone 6 Plusのような大画面機の子機としての存在意義。まぁこれならわかりますね。

(3)歩きスマホ対策? おそらく今後歩きスマホ事故防止のため、世界中で、都市条例等による規制や、スマホメーカーに対して、移動中の操作に制約を加えるような機能の強制適用なんてのも可能性として考えられるが、子機として使えるデバイスによって、回避できる可能性。まぁメーカーとしては、歩きながら使う高機能端末って売り方はしないでしょうが。極端な話、歩きながら腕時計の時間を見る程度は当然違法にはならないわけだから、じゃあどこまでならOKなの?って話になる。意外とiWatchじゃなくWatchという商品名になった理由はこの辺だったりして.....

(4)子機としてのキラーアプリによる普及。うーん、どんなアプリになるんだろう。


次に、従来の腕時計型端末を振り返り、腕時計型の問題点を挙げてみる。
当然ながら、まずバッテリ稼働時間。現時点でApple Watchのスペックの詳細が発表されていないが、過去同様の端末だと長くても数日おきに充電が必要ってスペックになるでしょう。この点は腕時計に大きく劣る部分になります。

あと、もう一つ、汗をかかない人には痛くも痒くもないかもしれませんが、汗っかきに太バンドは特に夏場かなり大変なことになりますし、時計が熱を持つ仕様だとだいぶ装着感が悪くなります。上手いことメッシュ系で風を通すような設計になってればよいのですが。
私が以前使っていた腕時計型Palm(Fossil)の革バンドのやつは、ちょっとした異臭を放つようになり、設計上バンド交換もままならず、このニオイのせいで引退となりました。また同様にだいぶ長い間使ってたRaputer(ラピュータ)はゴムバンドの劣化というか、負荷が集まるところが切れてしまい。予備バンドも購入したけどまたそれも切れてしまい、結局はスポーツ系というかアウトドア系のバンドに交換してスーツで装着してましたが、まぁ見た目は完全におかしかったですね。バンドの耐久性については、一般の時計と比べて頻繁に充電するため、当然ながら頻繁に付け外しすることになるため、通常の時計基準の耐久性では、不足してしまうってことに起因してるかと思います。ただし、このへんの耐久性の問題はアップルのことなので、十分に解消されてるとは思います。


バッテリが空になった際にアップルウォッチ内部のデータにアクセスできない点については、おそらく親機となるiPhoneと同期されてるでしょうから、この辺は上手く処理されるでしょう。

ただ、Bluetooth(だと思う)をONにしてデータのやり取りをする分だけiPhoneのバッテリが少し消耗することにはなるでしょう。

現状分かってるスペック等を見てみると、まず、デザイン的な面は従来の腕時計型デバイスよりもカッコイイとされています。まぁ確かに従来デザインまで考慮するだけの余裕を持って世に出した腕時計型デバイスはなかったでしょうね。マグネットによって調整するバンドなんかはカッコイイというかスマートですね。

機能としては、温度計や心拍数やら、運動量計的な機能はがついてるんでしょうね。カメラはおそらくついてないようですが、腕時計型デバイスにカメラは私は不要かと思います。デモ映像では、iPhoneのカメラのリモコンとして使うような映像もありましたが、この機能は意外と受けるかもしれません。
ある程度音声入力を使って操作っていう方向性なのかもしれませんが、個人的にはそっちの方向にはあまり行ってほしくありません。夜道で喋りながら歩く人(ケータイの通話ね)すごく怖いです。まぁ東京の日中なんかは通話してないのに話しながら電車載ってる人とか歩いてる人もそこそこいますが。

電話をかける機能は実装されてる感じなのですが、うーん、どうなるんでしょう。

メリットしてこのくらいですかね、価格相応か?となると大きな疑問ありです。
近い将来ヘッドマウント型のウェアラブル端末は3~5万円くらい?腕時計型端末は2万円以下くらいになるんじゃないかな。ちょっと349ドル~という価格設定はiPhoneの子機というポジションを考えると高いと思います。



重箱の角をつつくような意見かもしれないが、「iWatch」ではなく、「Watch」と名づけた意味として、単なるiPhoneの子機ではなく、将来的にはもっとフレキシブルにいろんなものに繋がって、予想もしなかった便利なデバイスになることを望みます。

私個人の希望としては、もっともっとチープでも良いので、機能を絞り込んだ低価格な物が欲しいです。

このWatchでキラーアプリを開発して大金持ちになる人が出てくるでしょう。
腕時計ならでわのアイデア、どんなのが出てくるか楽しみです。
機能的には睡眠中とか24時間の体内の状況をモニターしてなんたらかんたらっていうのはどこかの段階でWatchで当たり前の様に使われる様になるのでしょうが、現時点では多分バッテリ容量的にアウトって感じがします。
  

Posted by qubeley_mk1 at 13:11Comments(0)TrackBack(0)

June 22, 2014

こんどこそ発売、android4.0搭載メガネ型国産ウェラブル端末「MOVERIO BT-200」

2014/1/28にInternational CESのプレスカンファレンスで発表されて、当初は2014/4/24発売とされていたが、その後5/29発売予定になったが、さらに6/30に発売予定が延期され、こんどこそ発売されるんだと思います。


HMD部分は従来のBT-100よりはだいぶスマートになったように見えますが、実際にモデルさんが装着した状態ではだいぶ違和感があり、まだまだ、デザイン面ではハードルが高いですね。
外国メーカーなんかだと身長2m位のごっついモデルさん使って相対的に小さく見せるってセコイ技を使うのでしょうが、この辺は日本メーカーらしいと言えるでしょう。

スペックを見ていくと、仮想画面サイズとしては20m先の320型相当のサイズで見えるということで、えっと.....想像ができません。

パネル画素数は960×540、24bitカラー。
プラットフォームはAndroid4.0。
メインメモリ1GB
ユーザーメモリ8GB
外部メモリとしてMicroSDHC(最大32GB)
カメラは30万画素
Bluetooth3.0、GPS、地磁気センサー、加速度センサー、ジャイロ搭載
音声はイヤフォン
無線haIEEE802.11b/g/n
駆動時間は6時間
重さはヘッドセットが88g、コントローラーが124g
当然ながらタッチ操作するのに目に指を....ってわけにもいかないでしょうから、別途コントローラーが用意されてます。ボリューム変更なんかもこれで行うと。

この商品の用途としては、外出用というよりはリビング用のパーソナルシアターの様な用途を想定してるように思えます。
特徴的な部分は映像を両目にシースルーで投影するって部分で、バッテリ持続時間6時間となると、モバイラーが欲しいスペックとはちょっと違いますね。

あとは、Google Play未対応で、アプリは MOVERIO Apps Marketから入手するという方法になる点も引っかかります。
まぁGooglePlay未対応という部分は、googleが定義してるスペックの問題っぽい気がしますし、こういった操作方法や使い方自体が全く異なるデバイスについては、どちらにしても専用のマーケットは必要になるのでしょうが。

google glassなんかは将来的には一日中装着するって用途を想定した設計になっているのに比べると、明らかに別の方向を向いているんだと思います。
まぁ本家と同じ方向向いても勝てるわけが無いって考えればまぁ無理もないですが。

そして、グーグルグラスとのもう一つの大きな違いが搭載カメラ、Google Glass搭載カメラは500万画素、動画も720pのHDで撮影できるスペックですが、BT-200のカメラは30万画素になってますが、これは、まぁ盗撮やら、そういった問題を避けるためには低いほうが良いと言えるでしょう。

意外と、メーカーさんやマスコミさんなんかでも勘違いされてるような気がしますが、実はGoogle Glassのキモはシースルー表示部分よりもこのカメラなんだと私は思います。
なんていうか、最終的なGoogle Glassの目的ってのは人間の行動の全てを記録して後日検索出来る形でデータベース化すること、つまり人間が起きている時間=1日16時間程度常に稼働し、一旦クラウドでもローカルでもなんでもいいので、データを一時保存した後、それを意味のあるテキストとしてデータベースに保存して後日検索できるようになると。そういったデータを蓄積するためには人間の目の位置にカメラがあることが重要ってコンセプトなんだと思います。
これにより、例えば、特定の人物に過去会った時間と会話の内容が全てテキストで検索できるようなことが、まぁ現在はそんな大量のデータの蓄積と分析は無理ですが、まぁ10年後なのか20年後なのか分かに自分の目の位置のカメラに映った情報が全て検索して正しく表示できるようにデータとして蓄積されるってふうにGoogleはやろうとしてるんだと思います。

で、話をBT-200に戻しますが、HMDでホームシアターってなると3Dテレビの失敗パターンに向かうような気もしますが、まぁハイスペック商品化後は当然ながらロースペック可は用意だと思いますので、こういった商品でモバイル製品の幅が広がるのは間違いないでしょう。

ただ、私が欲しい商品ってのは、やっぱりこの商品ではないなぁ。
表示は片目で十分なので、端末自体はメガネ専用ではなく、やはり、端末の画像をミラリングして東映出来る感じで、別売りの外付けHMDみたいな形の方が良さそうに思います。
ただ、そうなると操作をどうするかって話になるのでスマホ側に少し細工は必要になりますが。

あとは、盗撮で捕まる方や、事故を起こす人が出ないことを祈ります。

価格は69,980円(税込)
※HDMI接続アダプター(ワイヤレスミラーリングアダプター)同梱モデルでも89,980円
と比較的安価なので、出荷が潤沢にできればだいぶ売れるでしょう。アキバあたりで実際に装着する人を見ることになるんだろうなぁ。






EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200

新品価格
¥63,596から
(2014/6/22 15:03時点)





  
Posted by qubeley_mk1 at 15:12Comments(0)TrackBack(0)

September 06, 2013

もうひとつのスマートウェッチ Toq

テレビ東京のニュースなんかだとサムスンのGALAXY Gearばかりが報道されてましたが、クアルコムからもスマートウォッチ(こんな言葉あったっけ?)発表されてますね。

「Qualcomm Toq」として2013年第四四半期に米国で販売とのことです。日本では...まぁ発売されない商品だとは思いますが。

メーカーサイト
http://toq.qualcomm.com

を見ても情報が殆ど載っておらず、具体的にはよく分からん商品ですが、「Toq」という商品名からは通話機能重視している感じがうかがえますね。

ハードウェア的な特徴はQualcomm独自の反射型ディスプレイデバイス「Mirasol」を採用している点になるかと思いますが、もう一つ特徴的な点はバッテリをベルトの留め具に設置して本体の薄型化を図った点も大きいのではないかと思います。
やはり腕時計の代替としての普及を目指すのでしょうから、大きさと特に厚さは重要だと思いますので、ひとつの方法論として面白いと思いました。

限られた情報しかありませんが、GALAXY Gearと違いがある点をみると、大きな違いはバッテリ動作時間ですね。通常仕様で5日間、頻繁に使っても3日間という点です。
あとは、あくまでもGALAXYスマートフォンの子機として位置づけているGALAXY Gearに対してToqではAndroid対応ですが、今後iOS対応も「検討中」とのことですね。

価格はギャラクシーギア同様約3万円。そして通話機能をともにアピールしてるところも同じですね。

あとは、デザイン、Toqは意外と大きい感じはしますが、web掲載画像に表示されているアイコンなどのデザインが洗練されていることや全体的にスタイリッシュな感じがします。
まぁ人が着用した写真が無いという点も大きいのかもしれませんが、意外と大きそうなので、モデルが着用してる写真一枚で印象が変わる可能性もありますが。

  
Posted by qubeley_mk1 at 10:35Comments(0)TrackBack(0)

September 05, 2013

GALAXY Gearはみんなが望んだマシンなのか?

サムスン電子からGALAXY Gear発表。

テレビのニュースでなんども映像が流れているのだが、この商品、メーカーさんには申し訳ないが売れる商品には見えないです。どう見てもAppleの先を越してるようには思えません。

最もひっかかる点は「GALAXYシリーズの端末とBluetoothで連携」と紹介されている点で、GALAXYの子機としての扱いであること、実際にGALAXYにしか対応しないのでは流行しようがないですね。
GALAXYの件は置いておいても、androidの子機がandroidというはちょっと変だと思います。
また、通話機能をつけちゃったところがだめだと思います。
GALAXYを身につけている状態で腕時計で通話するというシチュエーションがいったいあるのでしょうか?
報道記事では手首の内側を耳につけて通話している写真がありましたが、実践はちょっと無理でしょう。完全に不審者です。

デザイン的には、写真を見る限りは本体は比較的スマートですが、ベルトに付いているカメラレンズがちょっと異様ですね。ただGoogle Glassと同様の盗撮騒動への対策として、わざと目立つデザインにしたのかもしれませんが。

サムスンの公式ブログ
http://global.samsungtomorrow.com/?p=27422
でスペックを見ると
・4GBメモリ、512MB RAM
・ディスプレイは320×200ピクセル、1.63インチ(41.4mm)
・190万画素のカメラ
・マイク
・加速度センサー
・ジャイロスコープ
・幅36.8mm、厚さ11.1mm、重さ76.8g
・Bluetooth4.0

写真だと温度を表示してるので温度センサーもあるかも知れません。



実は筆者は1998年6月に発売されたRuputer(ラピュータ)を愛用してました。
http://ascii.jp/elem/000/000/303/303049/
これはかなりお気に入りでしたが、さほど使えるアプリ等もなく、パソコンとの接続も赤外線(もしくは有線)だったが、画面下のスティック型のコントローラの使い勝手もよく、また見た目とは違い防水仕様という優秀な商品だったと私は思いました。
問題はとにかく他人の注目を浴びること、会う人会う人必ず聞かれたし、電車の中でも他人の目が腕に集まることがはっきりと自覚できる局面がたくさんありました。まぁラビュータの場合はCR-2025を2枚重ねで入れる設計(電池代もだいぶかかった)で厚みもだいぶあったことにより必要以上に目立った点はあったが。
そして、性懲りもなく筆者はWristPDA with Palm OSのFossil版なんかもしばらく使ってました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0214/pda41.htm
Palmは私が結構お気に入りのOSでしたが、ちょっとこの製品は、毎日充電が必要だったのと、あとは私が購入したモデルが革バンドの機種だったため、汗でものすごいニオイになってしまい(汗っかきではないが幅が広く時計がでかいので汗が溜まってしまった)比較的早くお蔵入りとなってしまいました。


で、今回のGALAXY Gearに話を戻すと、私が引っかかる点は以下の部分です。
・androidスマートフォンの子機がandroid腕時計ってのがちょっと、おかしいのではないか
・バッテリ可動が25時間と毎日充電タイプのため、バッテリ切れで困るような用途に使えない。
・見た目(まぁ過去の腕時計端末よりはスマートだと思うが)。
・価格(3万円はちょっと高い)
・通話機能が現実的ではない
・指操作するには画面が小さすぎる

まぁ具体的な腕時計型によるメリットや使い方が見えないと、わざわざandroidスマートフォンを持ち歩く人がGALAXY Gearを利用する明確なメリットが見えないです。上記にも記載したとおり同じOSなので。
思いつくこととしては
・運動量を測定するようなアプリ
・睡眠状況を把握したり、眠りの浅いところでアラームを鳴らす機能
などの用途だが、充電のため外す時間がどうしても必要な点がネックになりますね。

あとは、当然盗撮的な使い方があるでしょうが、その他明確なメリットとしては、会議等の録音ですね。会議の録音などだとマイクの位置がちょっと難しいですが、腕時計型なら、ぶつけたりしないように注意は必要ですが、机の上に左腕を置いておけば結構いい感じに音声を拾ってくれると思います。

あとは、なんだろう、androidスマートフォンを持つ人がandroid腕時計を使うメリット...思いつかない。


もう少し続けますが、このタイミングでサムスンが腕時計型デバイスを発表したのはAppleが発表する商品を先駆けてサムスンで....という感じの話だと思いますが、実はAppleの製品として「世界初!」って感じで世に出る商品はあまり商業的に成功しないんですね。
例えば
・世界初の個人向け情報端末Newton MessagePad
は筆者は2台購入しましたが、まぁ全く売れませんでしたね。
・QuickTakeなんかも個人向けデジカメがまだ殆ど普及してない段階で登場して...続きませんでしたね、筆者は持ってますし、発売直後は少し自慢できましたが...


逆に、他社から遅れて出したマシンというのが大ヒットしてますね
・iPod登場の時は、マスコミが全く商品のメリットを理解できず、散々な報道でした、いまさらMP3端末をアップルが出してどうすんの?くらいの言われ方をしましたね、その後大ヒット。
・iPhoneについても、先行のスマートフォンに遅れての発売でしたが、大ヒット。

ということで、逆にサムスンがハンパな製品を先に出してくれたことにより、Appleの腕時計端末がヒットする前提がひとつ整った気すらします。

ちなみに私はAppleファンですので、若干内容がアップル贔屓になってますので、この辺は差し引いて読んでください。


ちなみに、ここでは「ピピンアットマーク(Pippin atmark、Pippin @. )」は忘れましょう。

【追記】
引っかかる点に一点追加しましたが、指操作するには画面が小さすぎますね、メーカーさんはそのために音声操作をつけたとおっしゃるのでしょうが、音声操作は度胸が必要すぎると思います。
加えて言えばの場合は、画面下のスティックと側面ボタンでの操作でしたし、WristPDA with Palm OSの場合は、バンドに超小型の折りたたみスタイラスが仕込んであり、これを使ってピンポイント操作を行えました(ただしよく設定がずれて補正は頻繁に必要でしたが)が、ギャラクシーギアを指操作はちょっと難しいと思います。

  
Posted by qubeley_mk1 at 21:04Comments(0)TrackBack(0)

June 17, 2011

DoCoMoが「iPhoneを発売する予定はない」とコメントしたけれども....

ITmediaさんの記事で
ドコモ、株主総会で「iPhoneを発売する予定はない」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1106/17/news052.html

というニュースが流れてますね。
DoCoMoの株主総会の質疑応答でのやりとりとのことです。

今後はandroidを主軸にとのことですが、iPhoneをめぐる状況を見ると、米国で最近アップルがSIMフリーのiPhone4の販売を開始(今まではAT&T経由で販売)したというニュース
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110614_453032.html

を見ると、直接日本から発注できないとはいうものの、これを何らかの形で日本に持ち込めば、DoCoMoのMicroSIMだけを契約して使えるという状況になっているとおもうので、今回の発言はiPhoneギブアップ宣言ではなく、DoCoMoからの発売を待たずにSIMフリー版+DoCoMoのSIMでの購入を狙っているのではないかと勘ぐりたくなります。

また、androidを主軸というのが本当にこんな言い方だったのかがちょっと疑わしいのですが、DoCoMoのスマートフォンというのは全方位外交的に、Windows MobileもBlackBerryもandroidも全て扱うという戦略だったとおもうので、本当にandroidを主軸というのであれば、方針変更となり、Windows Phoneの販売に暗雲というふうに取れてしまうのですが、本当のところはどうなんだろう??

個人的にはWordとExcelをandroidが(iPhoneもだけど)満足に扱えない以上は、Windows Phoneの潜在需要は高いと思うのだけれども。
個人的な意見ですが、Windows Mobileの失敗の原因はあのヘンテコなUIに起因する使いづらさであり、ぶっちゃけWindows xpと同じUIにすればかなり売れると思うのですが、同意見の方いらっしゃいませんかね?


ちなみに、私はバリバリのアップルファンですが、iPhoneには興味なしで使ってるのはX02Tです。(ただしiPadは所有)


【追記】
impressのケータイwatchにもう少し詳しい記事が乗ってるので追記します。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110617_453942.html

記事中にSIMロック解除の具体的な件数の記載があります。
>6月12日時点でのSIMロックをはずした件数は1850件
>microSIMカードは、5000件弱の購入がある。そのうち75%がiPhoneでの利用
とのことですね。

  
Posted by qubeley_mk1 at 15:04Comments(0)TrackBack(0)